司法書士が解決します!

こんなとき司法書士にご相談ください

不動産登記

 司法書士は、登記の専門家として、あなたに代わって、不動産登記の申請を行います。 不動産登記とは、土地や建物の権利関係に変化があったときに、法務局が管理する「登記簿」にその変化を記載する手続きのことをいいます。  この不 […]

詳細はこちら
相続・遺言

遺産の中に土地や建物があるときには相続登記が必要です。多額の借金が残された場合には、家庭裁判所で相続放棄の手続が必要になる場合もあります。 司法書士は相続登記の申請代理や家庭裁判所に提出する書類の作成はもちろん、預貯金の […]

詳細はこちら
会社・法人登記

 商業登記とは、株式会社などの法人について設立から清算(消滅)にいたるまで一定の事項を登記することにより、法人の存在・内容を社会一般の人に公示し、取引の安全を実現する制度です。 この商業登記が必要となるのは、主に以下のよ […]

詳細はこちら
成年後見

 今は自分でなんでもできるけど、将来認知症になったら頼れる親族がいないので心配。 離れて暮らす認知症の親が悪質商法にあわないかと心配。認知症や知的障害などで判断能力が不十分な方を法的に保護するために、家庭裁判所に成年後見 […]

詳細はこちら
裁判業務

   アパートの敷金が返ってこない、未払いの給料がある、そんな日常生活におけるトラブルに対して、裁判所に原告として訴えを提起する場合、多数の金融機関から借金をし、いわゆる『多重債務状態』となってしまった場合、家庭裁判所に […]

詳細はこちら

司法書士はくらしの法律家です

お困りの際にはお気軽にお近くの司法書士にご相談ください。

(東北ブロック司法書士会 ロザンCM)

PICK UP

会長あいさつ
情報公開
無料相談会情報
司法書士会調停センター
「まる〜く」
MENU
PAGE TOP